• Home
  • タグ: 着手金

弁護士に交通事故を依頼した場合の着手金について

交通事故にあってしまった場合は、弁護士に依頼するのが一番です。
なぜなら、交通事故は、民法や刑法、道路交通法など
さまざまな法律が絡んでいて、そのうえ治療費や慰謝料などの
計算が複雑だからです。落ち着いて

それらを事故に遭遇してから勉強するよりも、治療または
賠償の支払いに専念したほうが有効にお金と時間を使えます。

そんなときに依頼できるのが弁護士です。
そして、法律相談なら別ですが、弁護士に正式に依頼するときには
最初に着手金を払うことになります。

そのためその分のお金を最初に用意しておくと良いです。

着手金とは、結果の成功・不成功に関係なく、
弁護士にその案件に着手してもらう際に
支払う費用の一部です。穏やかな場所

そのために、失敗しても返還されることはありません。
その金額ですが、主に相手への請求や請求されている
額によって決まります。

例えば、請求額が300万円以下の場合は8%。
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円。
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円3億円を
超える場合2%+369万円。
そして、着手金の最低額は10万円です。

これらは、日弁連が以前定めていた報酬規程ですが現在も
一つの基準になっています。