• Home
  • タグ: 状況整理

弁護士に相談する前に交通事故の状況を整理するポイント

不穏自家用車が普及している今、それに伴って、どうしても
交通事故の数が多くなります。
いくら自分が気をつけていたとしても駐車していた
自分の車に戻ってみると、大きな傷が付いていたり、
へこんでいたりすることも決して少なくありません。

こういった時に、相手がわかって、修理代等を
賠償してくれれば良いのですが、中には当て逃げ
したままどこかへ行ってしまう者もいます。

そんな時に、交通事故として事故証明を取るために
警察を呼んで事故状況整理をすることも大切です。

一般的に交通事故で相手がいる時に、お互いの自動車を
運転手が動かしている時は、双方に過失割合が出てきます。

けれども一般的に正当な場所に駐車していた車に
相手がぶつかって来た時は自分に過失を問われません。組織

けれども相手が自分の車に対して損害賠償を
してくれない時は、自分の任意保険の
車両保険の部分で賄うことになってしまいます。

けれども相手がわかっていれば、こんな理不尽な
ことはありません。

そんな時の強い味方が弁護士です。

自分の代わりに弁護士は相手に対して求償してくれます。
こういったケースの場合は弁護士に相談してみるべきです。