• Home
  • タグ: 慰謝料

交通事故の弁護士によるサポートと年齢による慰謝料の算出について

きれいだと思う交通事故で不幸にも被害者が亡くなってしまった場合は、
被害者の代わりに被害者の相続人が加害者に
慰謝料を請求することになります。

金額は加害者の加入する保険会社との示談交渉を経て、
合意に達した示談金という形で決められるのですが、
亡くなってしまった被害者が、その交通事故に
遭っていなければ得ることができるであろう
生涯の収入を被害者の年齢や年収に応じて
計算されることになります。

示談交渉で提示される、加害者が加入している保険会社が
使っている基準で計算をすると、低い金額で
見積もられてしまう可能性があります。

そのため、弁護士に弁護士会基準という被害者に
有利な計算方法で慰謝料を割り出してもらうという形で
サポートしてもらうと妥当な金額が分かるので、
以後の示談交渉が進めやすくなります。印を確認

また、弁護士は場合によっては示談交渉を被害者の
相続人の代理人として交渉に直接かかわる形で
被害者の相続人をサポートする場合もあります。