• Home
  • タグ: 依頼

自分や家族が交通事故に遭った場合の弁護士への依頼について

自分や家族が交通事故に遭った場合、一般的には相手方が
自動車保険に入っている場合には、相手方の保険会社が
相手方の代理人として交渉が始まることになります。弁護士に依頼

しかし、明らかに相手方に100%日が有る場合を除いては
なかなか思い通りの慰謝料を取ることができないものです。

その為、相手方との交渉がなかなか進まない場合には、
弁護士に依頼することで良い方向に進むことが多いものです。

交通事故は双方の過失と見られることが多いものですが、実際には
相手方に
一方的に非がある場合も少なくありません。
しかし、その根拠を証明するのはなかなか難しい上、
相手方の嘘に惑わされてしまう
危険もあります。

弁護士が交通事故の交渉に及ぶ場合には、保険会社とは
異なる示談の金額の指標に基づいて交渉します。

そのため一般的に保険会社と交渉している場合に比べ
高額の慰謝料を請求することができます。頼れる存在

さらに、弁護士に依頼することにより法的根拠に基づいて
損害賠償や慰謝料を請求するので、
相手方に反論されたり、減額される恐れも低くなります。

また、万が一示談が成立せずに裁判になった場合でも
弁護士は継続して対応してくれるので安心です。

後遺障害認定を弁護士に依頼するときに注意したいこと

交通事故に遭ってしまった場合に怪我などをして通院する場合、
その費用は相手方非が有る場合には、基本的には
全額支払われますが、その怪我が治らずに
後遺症となってしまう場合があります。待機

これを後遺症害と言いますが、この後遺症害と
なってしまった場合には治療は打ち切られ、
慰謝料が支払われて示談となるケースが有ります。

但し、弁護士に依頼することで法律的に後遺障害認定を
得た場合には、その慰謝料の金額に大きな影響が有ります。

弁護士が交通事故に於ける後遺障害認定を申請する場合には
必要な慰謝料も弁護士基準と呼ばれる基準で慰謝料を請求するため、
高額な慰謝料を請求することができます。

流される但し、弁護士のすべてが交通事故に対応する
というわけではありません。
中には交通事故にあまり詳しくない人もいるので
注意が必要です。

交通事故の交渉には専門的な知識が必要になる上、
相手方との交渉の実績により交渉結果が異なる
という事もありますので、注意が必要です。

交通事故の対応を弁護士に依頼したほうがいい理由は?

異空間交通事故に遭った場合、その対応は弁護士に
依頼する事がお勧めです。

その理由は、示談金や慰謝料に関する交渉は、
加害者本人ではなく保険会社との
交渉になる事が殆どの為です。

被害者側に非がなければ、示談金や慰謝料は
しっかりと支払われると考える人は少なくありませんが、
保険会社は多くの示談金を提示すると、それだけ
会社の負担が大きくなる事になります。

その為、被害者に非がない状態でも、示談金を少なく抑えようとする、
場合によっては示談金を支払わずに済むように
交渉をしてくる事になります。

保険会社は交渉のプロですから、言われるまま承諾するしか
ない状態になる事が少なくありません。暗がり

ですが、交通事故に関する依頼を積極的に受けている
弁護士であれば、保険会社としっかりと交渉し
納得できる示談金や慰謝料を手にする事が
出来るようになります。

ですから交通事故に遭った場合は、そのまま個人で
交渉するのではなく、まず弁護士に
依頼をする事がお勧めです。