• Home
  • 交通事故は弁護士に頼る

弁護士に交通事故を依頼した場合の着手金について

交通事故にあってしまった場合は、弁護士に依頼するのが一番です。
なぜなら、交通事故は、民法や刑法、道路交通法など
さまざまな法律が絡んでいて、そのうえ治療費や慰謝料などの
計算が複雑だからです。落ち着いて

それらを事故に遭遇してから勉強するよりも、治療または
賠償の支払いに専念したほうが有効にお金と時間を使えます。

そんなときに依頼できるのが弁護士です。
そして、法律相談なら別ですが、弁護士に正式に依頼するときには
最初に着手金を払うことになります。

そのためその分のお金を最初に用意しておくと良いです。

着手金とは、結果の成功・不成功に関係なく、
弁護士にその案件に着手してもらう際に
支払う費用の一部です。穏やかな場所

そのために、失敗しても返還されることはありません。
その金額ですが、主に相手への請求や請求されている
額によって決まります。

例えば、請求額が300万円以下の場合は8%。
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円。
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円3億円を
超える場合2%+369万円。
そして、着手金の最低額は10万円です。

これらは、日弁連が以前定めていた報酬規程ですが現在も
一つの基準になっています。

交通事故の弁護士によるサポートと年齢による慰謝料の算出について

きれいだと思う交通事故で不幸にも被害者が亡くなってしまった場合は、
被害者の代わりに被害者の相続人が加害者に
慰謝料を請求することになります。

金額は加害者の加入する保険会社との示談交渉を経て、
合意に達した示談金という形で決められるのですが、
亡くなってしまった被害者が、その交通事故に
遭っていなければ得ることができるであろう
生涯の収入を被害者の年齢や年収に応じて
計算されることになります。

示談交渉で提示される、加害者が加入している保険会社が
使っている基準で計算をすると、低い金額で
見積もられてしまう可能性があります。

そのため、弁護士に弁護士会基準という被害者に
有利な計算方法で慰謝料を割り出してもらうという形で
サポートしてもらうと妥当な金額が分かるので、
以後の示談交渉が進めやすくなります。印を確認

また、弁護士は場合によっては示談交渉を被害者の
相続人の代理人として交渉に直接かかわる形で
被害者の相続人をサポートする場合もあります。

交通事故専門の弁護士ができるサポート内容は?

交通事故が起きたときに、交通事故専門の弁護士を利用することには
大きなメリットがあります。そのメリットとは、その時々に
どのような対応をするべきなのかについて、法的な見解を
することができるため、不利益を被る心配が下がるということにあります。

また、依頼人の代理人として示談交渉の代理人となることができますし、
相手との争いがこじれて訴訟になった場合にも、訴訟代理人となって、
依頼者の代わりに訴訟を行ってもらうことができます。

危ないから

交通事故をメインに扱っていない弁護士も以上のことを行うことは
できますが、できれば積極的に扱っている人を利用した方が良いです。

ちゃんと前見て

法律分野は、それぞれの領域ごとに知っておかなければならない
知識があるので、もし積極的に扱っていない人に相談や依頼を
した場合、的確なサポート内容とならない可能性もあります。

したがって、交通事故について相談や依頼をするなら、それを
主に取り扱う弁護士を活用するようにしましょう。

弁護士に交通事故について相談した場合の費用相場

弁護士費用は最近自由化され、各法律事務所が独自に決めています。
自由化される前は、相談料の相場は1時間1万円で、
現在もその数字のままにしている法律事務所も多いです。秘密に

ただ、交通事故の場合は、相談料を無料にしている事務所が
数多くあります。

交通事故の場合、重症であれば、被害者に支払われた賠償金額が
弁護士費用より少ないということはないので、相談後に
代理人を依頼された場合も、着手金なしで引き受ける弁護士もいます。

弁護報酬は、示談が成立し、賠償金が支払われたあとに
その中から支払えばよいことになります。

弁護費用はもちろん加害者に請求します。
弁護費用は、損害賠償のうちの積極損害の項目のひとつですから、
当然加害者が支払うべきものです。

加害者が事故であれ、被害者を傷害しなかったら
発生しなかった費用です。

交通事故の被害者は、高額な弁護費用を心配して、
弁護士に依頼するのを躊躇する傾向があります。

こっそりと

しかし、被害者の入っている民間保険に弁護士費用特約が
ついていたら、弁護費用はそこから賄えます、
多くの場合、三百万円まで支払われます。

軽傷でもこの特約が使えるなら、弁護士に相談するのを
ためらう必要はありません。

特約が使えない場合は、軽傷の場合、事務所から、弁護費用の方が
賠償額より高くなる可能性があるという説明がなされます。

重傷ではそうなることはありませんから、交通事故直後から
弁護士に相談することです。

正当な額の賠償が受けられます。