• Home
  • カテゴリー: 弁護士に相談すべき

自分や家族が交通事故に遭った場合の弁護士への依頼について

自分や家族が交通事故に遭った場合、一般的には相手方が
自動車保険に入っている場合には、相手方の保険会社が
相手方の代理人として交渉が始まることになります。弁護士に依頼

しかし、明らかに相手方に100%日が有る場合を除いては
なかなか思い通りの慰謝料を取ることができないものです。

その為、相手方との交渉がなかなか進まない場合には、
弁護士に依頼することで良い方向に進むことが多いものです。

交通事故は双方の過失と見られることが多いものですが、実際には
相手方に
一方的に非がある場合も少なくありません。
しかし、その根拠を証明するのはなかなか難しい上、
相手方の嘘に惑わされてしまう
危険もあります。

弁護士が交通事故の交渉に及ぶ場合には、保険会社とは
異なる示談の金額の指標に基づいて交渉します。

そのため一般的に保険会社と交渉している場合に比べ
高額の慰謝料を請求することができます。頼れる存在

さらに、弁護士に依頼することにより法的根拠に基づいて
損害賠償や慰謝料を請求するので、
相手方に反論されたり、減額される恐れも低くなります。

また、万が一示談が成立せずに裁判になった場合でも
弁護士は継続して対応してくれるので安心です。

弁護士に相談する前に交通事故の状況を整理するポイント

不穏自家用車が普及している今、それに伴って、どうしても
交通事故の数が多くなります。
いくら自分が気をつけていたとしても駐車していた
自分の車に戻ってみると、大きな傷が付いていたり、
へこんでいたりすることも決して少なくありません。

こういった時に、相手がわかって、修理代等を
賠償してくれれば良いのですが、中には当て逃げ
したままどこかへ行ってしまう者もいます。

そんな時に、交通事故として事故証明を取るために
警察を呼んで事故状況整理をすることも大切です。

一般的に交通事故で相手がいる時に、お互いの自動車を
運転手が動かしている時は、双方に過失割合が出てきます。

けれども一般的に正当な場所に駐車していた車に
相手がぶつかって来た時は自分に過失を問われません。組織

けれども相手が自分の車に対して損害賠償を
してくれない時は、自分の任意保険の
車両保険の部分で賄うことになってしまいます。

けれども相手がわかっていれば、こんな理不尽な
ことはありません。

そんな時の強い味方が弁護士です。

自分の代わりに弁護士は相手に対して求償してくれます。
こういったケースの場合は弁護士に相談してみるべきです。

交通事故の対応を弁護士に依頼したほうがいい理由は?

異空間交通事故に遭った場合、その対応は弁護士に
依頼する事がお勧めです。

その理由は、示談金や慰謝料に関する交渉は、
加害者本人ではなく保険会社との
交渉になる事が殆どの為です。

被害者側に非がなければ、示談金や慰謝料は
しっかりと支払われると考える人は少なくありませんが、
保険会社は多くの示談金を提示すると、それだけ
会社の負担が大きくなる事になります。

その為、被害者に非がない状態でも、示談金を少なく抑えようとする、
場合によっては示談金を支払わずに済むように
交渉をしてくる事になります。

保険会社は交渉のプロですから、言われるまま承諾するしか
ない状態になる事が少なくありません。暗がり

ですが、交通事故に関する依頼を積極的に受けている
弁護士であれば、保険会社としっかりと交渉し
納得できる示談金や慰謝料を手にする事が
出来るようになります。

ですから交通事故に遭った場合は、そのまま個人で
交渉するのではなく、まず弁護士に
依頼をする事がお勧めです。

交通事故での民事訴訟は弁護士が重要

交通事故に巻き込まれた場合において、加害者(任意保険に
加入している場合は保険会社)との交渉の中で、事故や被害の
状況によっては、加害者側から、

  • ・加害者には事故発生についての過失がない
  • ・被害者に事故についての大幅な過失があるのでその分は
    減額されるべきだ(過失相殺)
  • ・被害者の損害は交通事故が原因で発生したものではない
  • ・被害者の主張する損害額が高すぎるなどの主張が
    なされることがよくあります。良く見えない

このような場合、交渉による解決は困難となりがちです。
そして、当事者間の主張の隔たりが埋まらずに交渉が
決裂した場合は、民事訴訟で決着をつけることになります。

この場合、自力で民事訴訟を起こすことも勿論可能ですが
一般の人が独力で訴状などを作成し、必要な証拠を
揃えることは通常困難を極めますし、毎回裁判所へ出廷する
労力も必要となります。

そこで、交渉が決裂したような場合は、法律の専門家である
弁護士へ早めに依頼することが重要です。ケガする可能性

弁護士へ事件を依頼すると、裁判所へ提出する書面の作成や、
毎回の出廷などを行ってもらえるので、裁判にかかる労力が
大幅に軽減されます。

さらに、弁護士により適切に訴訟活動がなされることによって、
より納得できる解決が導かれる可能性も高まるので、この点でも
依頼するメリットがあります。

弁護士に交通事故を依頼した場合の着手金について

交通事故にあってしまった場合は、弁護士に依頼するのが一番です。
なぜなら、交通事故は、民法や刑法、道路交通法など
さまざまな法律が絡んでいて、そのうえ治療費や慰謝料などの
計算が複雑だからです。落ち着いて

それらを事故に遭遇してから勉強するよりも、治療または
賠償の支払いに専念したほうが有効にお金と時間を使えます。

そんなときに依頼できるのが弁護士です。
そして、法律相談なら別ですが、弁護士に正式に依頼するときには
最初に着手金を払うことになります。

そのためその分のお金を最初に用意しておくと良いです。

着手金とは、結果の成功・不成功に関係なく、
弁護士にその案件に着手してもらう際に
支払う費用の一部です。穏やかな場所

そのために、失敗しても返還されることはありません。
その金額ですが、主に相手への請求や請求されている
額によって決まります。

例えば、請求額が300万円以下の場合は8%。
300万円を超え3000万円以下の場合5%+9万円。
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円3億円を
超える場合2%+369万円。
そして、着手金の最低額は10万円です。

これらは、日弁連が以前定めていた報酬規程ですが現在も
一つの基準になっています。