交通事故での民事訴訟は弁護士が重要

交通事故に巻き込まれた場合において、加害者(任意保険に
加入している場合は保険会社)との交渉の中で、事故や被害の
状況によっては、加害者側から、

  • ・加害者には事故発生についての過失がない
  • ・被害者に事故についての大幅な過失があるのでその分は
    減額されるべきだ(過失相殺)
  • ・被害者の損害は交通事故が原因で発生したものではない
  • ・被害者の主張する損害額が高すぎるなどの主張が
    なされることがよくあります。良く見えない

このような場合、交渉による解決は困難となりがちです。
そして、当事者間の主張の隔たりが埋まらずに交渉が
決裂した場合は、民事訴訟で決着をつけることになります。

この場合、自力で民事訴訟を起こすことも勿論可能ですが
一般の人が独力で訴状などを作成し、必要な証拠を
揃えることは通常困難を極めますし、毎回裁判所へ出廷する
労力も必要となります。

そこで、交渉が決裂したような場合は、法律の専門家である
弁護士へ早めに依頼することが重要です。ケガする可能性

弁護士へ事件を依頼すると、裁判所へ提出する書面の作成や、
毎回の出廷などを行ってもらえるので、裁判にかかる労力が
大幅に軽減されます。

さらに、弁護士により適切に訴訟活動がなされることによって、
より納得できる解決が導かれる可能性も高まるので、この点でも
依頼するメリットがあります。