弁護士に交通事故について相談した場合の費用相場

弁護士費用は最近自由化され、各法律事務所が独自に決めています。
自由化される前は、相談料の相場は1時間1万円で、
現在もその数字のままにしている法律事務所も多いです。秘密に

ただ、交通事故の場合は、相談料を無料にしている事務所が
数多くあります。

交通事故の場合、重症であれば、被害者に支払われた賠償金額が
弁護士費用より少ないということはないので、相談後に
代理人を依頼された場合も、着手金なしで引き受ける弁護士もいます。

弁護報酬は、示談が成立し、賠償金が支払われたあとに
その中から支払えばよいことになります。

弁護費用はもちろん加害者に請求します。
弁護費用は、損害賠償のうちの積極損害の項目のひとつですから、
当然加害者が支払うべきものです。

加害者が事故であれ、被害者を傷害しなかったら
発生しなかった費用です。

交通事故の被害者は、高額な弁護費用を心配して、
弁護士に依頼するのを躊躇する傾向があります。

こっそりと

しかし、被害者の入っている民間保険に弁護士費用特約が
ついていたら、弁護費用はそこから賄えます、
多くの場合、三百万円まで支払われます。

軽傷でもこの特約が使えるなら、弁護士に相談するのを
ためらう必要はありません。

特約が使えない場合は、軽傷の場合、事務所から、弁護費用の方が
賠償額より高くなる可能性があるという説明がなされます。

重傷ではそうなることはありませんから、交通事故直後から
弁護士に相談することです。

正当な額の賠償が受けられます。