自分や家族が交通事故に遭った場合の弁護士への依頼について

自分や家族が交通事故に遭った場合、一般的には相手方が
自動車保険に入っている場合には、相手方の保険会社が
相手方の代理人として交渉が始まることになります。弁護士に依頼

しかし、明らかに相手方に100%日が有る場合を除いては
なかなか思い通りの慰謝料を取ることができないものです。

その為、相手方との交渉がなかなか進まない場合には、
弁護士に依頼することで良い方向に進むことが多いものです。

交通事故は双方の過失と見られることが多いものですが、実際には
相手方に
一方的に非がある場合も少なくありません。
しかし、その根拠を証明するのはなかなか難しい上、
相手方の嘘に惑わされてしまう
危険もあります。

弁護士が交通事故の交渉に及ぶ場合には、保険会社とは
異なる示談の金額の指標に基づいて交渉します。

そのため一般的に保険会社と交渉している場合に比べ
高額の慰謝料を請求することができます。頼れる存在

さらに、弁護士に依頼することにより法的根拠に基づいて
損害賠償や慰謝料を請求するので、
相手方に反論されたり、減額される恐れも低くなります。

また、万が一示談が成立せずに裁判になった場合でも
弁護士は継続して対応してくれるので安心です。

交通事故マン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)