弁護士の受任通知とは

交通事故に巻き込まれた(被害者)、あるいは交通事故を
起こしてしまった(加害者)、いずれの場合であっても、
弁護士に対応を依頼することが可能です。

弁護士は、事件の依頼を受けると、相手方の保険会社、
あるいは相手方に保険会社がいない場合(自分が加害者の場合で
相手が歩行者の場合など)は相手方本人に対し、受任通知という
書面を発送します。危険な所

受任通知には、通常、1:弁護士が本人から依頼を受け、
事件処理について受任し、この件についての窓口となる旨、
及び、2:事件に関して、相手方から本人へ直接連絡することは
差し控えてほしい旨、記載されています。

そして、相手方が保険会社である場合、受任通知を受領すると、
本人への連絡を控えるようになりますので、保険会社からの連絡や
直接の交渉から解放されることになります。

もっとも、相手方本人に対する通知の場合は、100%相手方からの
連絡がなくなるとは限りません。

これは、通知に法的な拘束力まではないためです。
ですが、この場合であっても、相手方本人に対し、法律の専門家が
介入したことを示す効果はありますので、通知が無意味と
いうわけではありません。安らぎの時間

交通事故マン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)