交通事故における点数・免停と弁護士の関係

  • Home
  • 交通事故は弁護士に頼る

近年では、悪質な交通違反による交通事故が急増してきています。
そのため、日頃から警察による厳しい取り締まりが続いています。

交通事故を起こすことで点数が引かれてしまい、
その結果として運転免許の免停になってしまう人も
増えてきているのです。

交通事故

交通事故を起こしてしまうと、事故車になったり、大きなショックを
受けてしまう場合もあります。

そのような時には、そうした事態に慣れている
専門職である弁護士に相談すると、非常に便利で役立ちます。
あらゆる手段を駆使して最善の結果となるように
サポートしてくれますので、心から信頼できる存在といえます。

また、事故を起こした相手方との交渉や書類の申請や
提出なども全て代行してくれますので、手間暇をかけずに
任せることができるというメリットがあります。

スムーズに対応
このように、点数を減らすことで不満を感じている
人々の間で、法律の専門知識を身につけた
弁護士は、絶対的な人気と信頼を集めているのです。
これからも親しまれていきます。

交通事故の刑罰は?一般違反行為の内容と違反時の罰則

自動車は便利な乗り物ですが、ひとたび事故が起きてしまうと便利さを上回る悲惨な結果を招くこともあります。
悲惨な事故を起こさないためにも、運転者には運転免許の取得が義務付けられており、違反行為によって免許の点数がなくなると資格は取り消されます。

運転の違反に対する罰則には行政罰・刑事罰・民事罰の三種類があります。このうち刑事罰は被害者がいる場合など比較的重い違反の場合に限られ、すべての違反に共通して課されるのは点数の減点と罰金の行政罰です。

なお、民事罰は被害者や物損に対する賠償責任のことを言います。
違反に悪質とか重い違反というのはあっても軽微な違反という言葉には語弊がありますが、駐車違反や信号無視などの違反の多くは一般違反行為と言って、悪質な違反である特定違反行為とは区別します。

特定違反行為には酒気帯び運転や薬物を摂取しての運転、ひき逃げなど、運転者自身の故意による違反である点も見逃せません。運転者が、自分は大丈夫と過信して酒気帯びのまま運転することによる結果は重大になるため、抑止力としても減点は25点でそれまで違反による減点がなくても一発で免許取消、欠格期間と言って再び免許を取れない期間が2年間になります。